18.5.18

Lee 101J


最近たまたま手に入れた70年代のLee200

履きだしたら完全にこの魅力に取りつかれてしまい

ジャケットも101Jを愛用しています。

いまさらながら着てみて改めて気づくことも多く


以前にラングラーの話でもありましたが

KING OF DENIMと言われ3大ブランドの中で唯一吸収合併されず成長を続けてきた

LEVISが魅力的で人気があるのは周知の事実ですが

LeeやWranglerこそアメリカンデニムだなと感じます。

それは聞く音楽でいえば20代の頃はCOUNTRYやBLUESなんて

聞こうとも思わなかったのと同じように

なんだかこの頃は無性にGratefuldeadやAllman brothersを

聞きたくなり1日中聞いたり、音楽性に引きこまれ魅了されてしまう

年齢的な気分によるところが大きいですが

そういう気づきの変化もファッションの醍醐味であり楽しみです。

1960年代後半にはリーバイスはジーンズがワークウエアから

ファッションユースを追求したデザインやアイテムに切り替え

デニム一般家庭に普及していくなかで

時代の変化に適応し工場も増やし急成長、拡大してきました。

デニムの歴史においては起源でありジーンズの原型を作ったブランドでもありますが

歴史やモデルを振り返れば機能面や縫製、デザインなど

それまではLeeが先駆けになったディティールや製法、技術も多く

良きライバルとして多大な影響を与えてきたことも事実です。

カーボーイウエアとして1920~30年代から製造され始め、品番以外は原型を変えずに生産されている名品「101J」。

その洗練されたデザインを変えることない普遍性こそが一番の魅力


70年初頭にVF社の傘下になり品番が101Jから220に変更されるため、

それ以前の黒タグ101Jは希少です。胸のタブもサークルRでMRなしの60年代のものです。

イエローの綿糸、斜めのフラップポケットから延びるフロントステッチ


ポケット裏にはユニオンステッチ


フロントボタンのジグザグステッチや襟裏の補強のためのステッチング

独自のこだわりとデザイン性が感じられます




ウエストボタンはメタルではなく乗馬の際、鞍を傷つけないように猫目ボタンのプラスッチ素材のボタンを使用しています。


細かな縦落ちの色味にバランスのとれたデザイン、シルエットが特徴。

特にバックシルエットのステッチングの絶妙なカーブの美しさは

カーボーイウエアならではのものです。


Lee 101Jやストームライダーというば

真っ先に浮かぶのはスティーブマックィーンと
永遠のアウトロー デニスホッパー

Leeに使われているのはすべてイエローステッチ

これもデニムとの色合いコントラストを追求したこだわりの証

縫製も細かくリーバイスより強度があるような気がしますが

いろいろ試した挙句、最近ようやく完璧に近い色味のモノを発見しましたので

ステッチの解れのリペアもこれで安心です。


なのでLeeセットアップしたい気分です。

どうしてもリーバイスにばかりビンテージのマーケット的にも目が行きがちですが

Leeは球数が少ないですが70年代頃のモデルは探せば手ごろな価格帯で購入できるのも魅力ですのでお探しの方は是非ご相談ください。

リーバイスがいいのはみんな知ってますので

天邪鬼な方でなくとも本当のデニム好きなら是非試していただきたいです。

もちろんビンテージデニムはリーバイスだけでなくLeeやWranglerも店頭で高価買取しておりますので是非ご相談ください。

※都合により5月19日 土曜は14時OPEN、20日日曜は15時OPENとさせていただきます。



11.5.18

90's USA製 501 ジーンズ


なんだかんだ言って結局はここに戻ってくると言われるジーンズ

90年代に生産されてUSA製 501 数本入荷しています。

Shurink to Fitの14ozデニムは

現行のモデルより厚みがあり

履き込むほどに体に馴染むオリジナルデニムです。

ビンテージではありませんが手軽に履けて

いつまでも基本に帰らさせてくれます。

価格も手ごろなのでお好みの色合いでサイズが合うものがあれば

久しぶりに履いてみてはいかがでしょうか?

  

最後だけ505なので防縮加工済みですが色合いはほぼ同じです。

せっかくなので素材とサイズには拘りましょう

一時期はダボダボや2インチアップ当たり前でしたが

出来ればジャスト~1サイズUPくらいが清潔感があっていいかなと思います。

白T、501、コンバースにサングラスでお出かけしましょう。

詳細はこちらからご覧ください。


4.5.18

本日のコーデ
~悪そうな奴ほど意外に優しい編


ラスリルズが自信を持ってお勧めする

”流行に左右されず着こなせる” ”ビンテージ古着"や"アメリカンウエア"

70年代のアメリカンニューシネマに出てくる

30代の退役軍人みたいな滲み出る”悪さ”があるのにコーディネイトですが

休日に公園で子供と遊んでるお父さんがこんな格好だったらいいですよね~

で悪そうな人ほど痛みを知っている故の優しさがあるように

年代関係なく男なら、いつまでもこういう格好していたいな~と思ったりします。



50’s”チェーンステッチ”で刺繍が入った”レーヨンボーリングシャツ



40’s ”US ARMY”ヘリンボーンツイルのベイカーパンツ



20年ぶりに復活した懐かしの”ONEITA”の白無地Tee。



足元はUSAコンバースの”CT70”ブラックスエード。



”鯖江のUVカットブルーレンズ”を入れた”Deadstock”ウエリントン眼鏡

入荷したてですがすでに在庫僅かです。

詳細はこちらに掲載しておりますのでチェックしてみてください。


3.5.18

たかが無地Tee
~ONEITA POWER-T

たかがTシャツ1枚

されど服好きはそこに拘る


Tシャツ1枚、ジーンズ1本、スニーカー1足

基本アイテムだからこそ拘りたい

何でもいいわけじゃない

時に煩く感じたとしても

きっと来年にはもう一枚同じのが欲しくなる

そんなTシャツを私はお勧めしたい

80~90年代のSKATE、SURF、STREETブランドのプリントTシャツのボディに

良く使われていた懐かしのONEITA「POWER T」。

ここ数年こちらをお勧めしていましたが

今年は例年より早くも品切れてしまいましたので

一昨年くらいから目を付けていたこちらを入荷。



 

 

適度な厚みのもちろん昔ながらの丸胴ボディ。

アロハシャツやボーリングシャツの中に着るにもお勧めです。

最近は1000円以下で手に入るTシャツも多くなりましたが

使い捨てじゃもったいなし、かわいそう

愛着も湧きますし、風合いもだんだん増してきますので

是非長持ちしそうなTシャツをお選びください。

決して1~2年じゃヘタリません。

何よりいいTシャツは1枚で着てもシャンとしていて

その真価は着た時ではなく洗濯機で回しに回した後なんです。


サイズM,Lございます。

着用しているのはMサイズです。

詳細はこちらご確認の上、是非お試しください。








鯖江のUVカットブルーレンズを入れたビンテージサングラス再入荷しました。


欠品していた人気のカルフォルニアブルーのレンズを入れたビンテージサングラスが入荷しました。
 
フレームは5〜60年代のアメリカのアイウエアメーカーのもので

デッドストックのウェリントンタイプ。



 
「レンズ交換も自分でやるんですか?」

とお客さんに聞かれましたが流石にそこまではできません・・

いやきっと道具があればできるはずとか思いながらも

レンズ交換とフレームの調整は

いつも修理などでも大変お世話になっている眼鏡屋さんにお願いしました。





 紫外線が強くなるこれからの季節に持ってこいのUVカットレンズ

福井の鯖江製の国産レンズで最高クラスのモノです。

薄いブルーレンズですが見た目だけでなくしっかり瞳と肌を紫外線から守ってくれる仕事をしてくれます。



紫外線の強さもA,B,Cと三段階ありますが

最も強力な紫外線アルファ波であるUV-Aを400nmまで遮断


日焼け止めにも良く書かれている紫外線ベータ波のUV-B1時間以上のレジャーやスポーツにも最適なSPF50で日焼けを50倍遅らせます。
PAは、(Protection Grade of UVA)の略で主にUV-Aの防止効果を表す目安の数値です。
+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示し、++++、+++、++、+の4段階がありこれも上から2番目の+++





モデルはみうらじゅんではありません。

数量限定ですがUVカットのクリアレンズもお付けします。

正直この値段でビンテージフレームに国産レンズ入れて1万円以下はかなりお買い得です。

若干個体差もありますので気になる方はお早めにお試しください。

GW後半も休まず営業しています。

詳細はこちらご覧ください




13.4.18

今日のコーデ~GW編


新年度が始まったと思ったらもうすぐGW

お出かけしたくなるようなビンテージ古着コーデ



ビンテージのカットオフデニム

綺麗な色落ちの柔らかな素材。

ビンテージなのにお手頃な価格で手に入るのも魅力

春先からもうすでに何本か売れてしまいましたがご紹介します。

 



1~2サイズUPで丈も短すぎず長すぎずで膝上くらいがちょうどいいです。





オリーブグリーンの褪せたへリンボーンツイルジャケットに

墨黒もいいですが褪せた赤もビンテージ古着ならではの大好きなカラーリング



足元は清潔感が出る生成りのCT70。

キャンバスなので素足かカバーソックスで

汚れたらウタマロ石鹸で洗ってください。

蛍光剤入っているので色物や肌が弱い方は皮膚に当たる個所は要注意ですが

泥汚れやシミ、襟、袖汚れは非常に良く落ちます。

商品の詳細はこちらからご覧ください。

勿論、売り切れていないアイテムは店頭でも是非お試しください。