8.1.11

VINTAGE 501 & WAY TO WASH

あけましておめでとうございます。もう8日ですが年明けてすっかり寒くなりましたが、皆さん年明けいかが御すごしでしょうか?今年もラスリルズをどうぞ宜しくお願いします。

私は大晦日~3日まで家族や友人と正月は毎年同じスケジュールなので特に変わった感はないんですが、忘年会~ずっと日本酒を呑んで、初詣の恒例おみくじは4年連続大吉となんだか幸先いいなとあくまで気分的な問題ですが嬉しいです。

年初めということで今日は昨年からずっと書こうと思っていた501ビンテージデニムについて書きたいと思います。90年代のヴィンテージバブルのころからかなり価格的に落ち着いてきた501ですが相変わらず当店でも人気があります。結局辿り着くのは501でしょってなる気がするのはレプリカが流行ったり、デザイナーズもの、セレブ系デニムが流行ったり、最近は生地や色落ちの加工技術なんかでは岡山のデニムメーカーの世界での活躍も目覚ましいですが・・。永く履くことも考えやっぱり60年~40年かけてきたインディゴの酸化具合にはかなわないという気がします。サイズや年代、色落ちの好み、価格なんか探し出すときりがないですが、在庫でそろってきたなと思ったほとんどなくなったり・・意外にいいサイズのもの31~34くらいのレングス29~32位のものになると少ないんですよね。


50's LEVI'S 501XX ギャラあり リーバイスヴィンテージジーンズ◆Size:W34×L27




商品の紹介ももちろんですが今回はむしろ購入した後の扱い方です。
せっかく買ったのに、履いていてすぐボロボロとか色があせたとかはもったいないので店頭でご購入いただいたお客様にはおせっかいにならない程度に話してはいるんことですが、ネットで購入されるお客様も多いので、本日手紙で洗濯方法など個人の主観でお店でも実践してることを伝えたいと書いたついでに、少し長いんですが出来る範囲で実践、参考にして頂きたいと思い掲載しておきます。

生産後60~40年くらい経過しているものが多く、VINTAGEのUSED品ですので軽度の擦れ、ダメージ、リペア、箇所によっては生地が薄くなってきていたり、ステッチがホツレそうな場合がございます
ので現行のデニム生地のようにガンガン洗濯してしまうとヴィンテージの生地は現代の技術を駆使した洗濯機や洗剤の使用で生地、色落ちが損なわれる恐れがあります。

市販の洗濯用洗剤には必ず生地の皮脂やシミ汚れを落とし白くするための漂白剤、蛍光剤とよばれるものが含まれておりますので汚れだけではなく普通にデニムの染料まで落としてしまいますのでせっかくのデニムも1回で青から白っぽい色落ちになってします。ですので、アクロンやエマールなど蛍光剤の入っていないデリケート洗い用の洗剤をご利用いただくか、洗剤を使わないで水洗いをお勧めします。
              
    ちなみに当店ではほぼドイツのジーンズ専用の洗剤「domal~ドマール」というものを使用して手洗いしています。色落ちも少なく、汚れが落ちる。最初はちょっとオヤジくさいと感じた香も徐々に好きになってきます。
また洗濯機の張力や洗濯層の中でのアタリで生地を傷めたり、ダメージの進行を早めてしまう恐れがあるため洗濯機ではなく洗面台やバケツで少量の洗剤で手洗いをお勧めします。

その後洗濯機で1~2分程度脱水のみ行ってください。その際できれば洗濯用ネットにいれて頂いた方がより安全です。洗った直後は丈が特に生地が詰まり易いので軽く引っ張って全体的に形を整えてから裾側を物干しやハンガーに掛けてください。
洗濯機を使う場合も含め基本的に生地を裏返したほうが良い気がします。
そしてなるべく天気の良い日に日陰で干すことをお勧めします。
ちなみにデニムは色落ちを防ぐためやいい色落ちにするためになるべく洗わないほうが良いのではとおっしゃる方もいますが、ヴィンテージの場合はあまり洗わなすぎると生地が伸びて破れやすくなって来たり、皮脂汚れで逆に生地自体が傷んでしまう恐れがありますので汚れてきたら定期的に洗濯して頂いた方がいいと思います。

上記の方法についてはあくまで個人の主観で諸説は多数ありますし、個人の無駄なコダワリとかも入っていおるのでお調べ頂いた方がいい点もあるかと思いますが出来る範囲で参考にしていただけたらと思います。
  

商品詳細はこちらよりご覧ください。


                                                   
本年もLATHRILLSをどうぞよろしくお願いします。                  by K,ISHII



No comments:

Post a Comment