5.3.13

ORIGINAL BUDDY LEE DOLL


本日は可愛いビンテージマスコットのご紹介


もともとLeeが販売促進用に考案した体長が約30センチの人形
みなさんご存知の「BUDDY LEE~バディ・リー」です。
レプリカも出ましたがこちらはもちろんおよそ1950年代のオリジナルです。 


1919年12月27日のサタディ・イブニング・ポスト誌に名前の募集広告が掲載され、
1922年に誕生した誰からも愛されるベビーフェイスの人形、名前が決まってから、ミネソタ州ミネアポリスのデイトン社の店頭用ディスプレーとして使用されました。
元々販促用だったものの人気があり商品としても売り出されていました。
Leeのデニム、ワークウエアの広告塔として1922年~62年まで40年間十分すぎるくらいの功績を遺したわけです。
初期の1922年~48年に作られたバディーリーは、おがくずや紙を混ぜてニカワで固める手法のコンポジション製で、初めての量産型人形ですが非常に壊れやすい素材で、状態良く現存すること自体非常に稀です。よくひび割れてるビンテージのは大体これですね。
その後1962年まで素材がハードプラスチックに変更され、壊れにくくなったものの、多くの子供達におもちゃとして愛されたバディーリーは50年以上の時を経て、コレクターアイテムとして今なお非常に人気が高く貴重な人形なのです。今回紹介しているのもこのハードプラスチックボディのモデルです。汚れや、割れはもちろん塗装の剥げも少なくコンディション良好です。


ビンテージ好きな方でしたらこの色を見ただけでも物欲をそそられてしまいます。
当然ながらデニムシャツなど衣類も当時のワークウェアをミニチュアにし忠実に再現されております。ハウスマーク付のデニムオーバーオール、キャスケット、スカーフも当時のまま着用しています。


こちらはハウスマークタグのもので40年代後半~50年代の初期のほうのモデルだと思います。
スカーフもついていてデニムもいまだ生っぽいです。



もう1体も50年代のものですがタグの使用が若干異なります。




ロングLのオーバーオール

 背中のタグが異なります。後姿も赤ちゃんみたいでなんとも可愛いです。




そしてもう1体 は


誰だちみわ?



「LION UNIFORM INC」

アメリカ オハイオ州 デイトナに1898年創業のビンテージのMA-1やワークウェアでもおなじみのワークウエアブランド【LION UNIFORM INC.】ライオンユニフォーム社の
ノベリティドールのようです。
販促用人形として間違いなくバディ・リーに対抗(パクった)したもののようです。
体長はほぼ同じ約30センチの人形でウエアなど衣類も当時のワークウェアをミニチュアにし忠実に再現されております。かなり珍しいもので保存状態も良好です。
固めのソフトビニールのような素材で40~50年代頃のものだと思います


そのほかもBUDDY LEEの着替え用、スペアやディスプレイ用にいかがでしょう。



タグはありませんが後ろはパッチポケットのタイプ




すべてWEBで販売中ですので詳細はご確認ください。




こちらは先日着れなくなった60年代のLeeの81L-Jカバーオールから作ったエプロン。
最初はピンバッジのディスプレイ用にパッチワーク作ってたんですが結局エプロンになりました。
重いので何用かはわかりませんが、欲しい方はお問い合わせください。
  


デニムジャケット、ライダース、ミリタリー~鞄まで好きに選んでつけてください。



PINS=$3.15って書いてありますが、1個315円です。



裏の留め具は金属とラバーなどまちまちです。


ボタンが飛んでいて着れないのを元町店のC
「使ってええですよ~」と言っていたので拝借しました。





そんな感じですので現在アンティーク雑貨、玩具、ビンテージフィギュア、
キャラクターもの中心に買い取り強化中です。



看板とかディスプレイなども置き場所に困ったり、春の引っ越し、模様替えなどで眠っているものございましたら、デッドストック保管品~USED品まで高額買取いたします。


‘なかなか思い入れがあって手放せないもの’特に1点ものや大事に使ってきたもの、
ほかの査定で思ったような値段のつかなかったものなど お気軽にお問い合わせください。

見積もりやお問い合わせの詳細はこちらからどうぞ






No comments:

Post a Comment