18.11.13

Converse Jack Purcell ”MADE IN USA”

突然ですが「何フェチですか?」って聞かれたら

コンバースのUSA製フェチです。


別に三つ星のチャックテイラーとかじゃなくていいから

2001年まで生産されていたインソールに「MADE IN USA」って書いてある奴



ちなみにこちらは


"MADE UNDER LICENSE FROM CONVERSE Inc., U.S.A."

アメリカ・コンバースのライセンス契約よってデザイン、製作されたスニーカー。

日本製やらアジア製のもので80年代から2000年前半までありましたが

正確にはUSA製ではないです。
昔から分かってたことで今更で、それだけ愛好家が多い証拠ですが
これがなかなか手ごろに買えなくなってきてます。

最近、個人的にも私物でサイズ合うのを探しています。

この良さを知らなければどれだけ楽なんだろうとか思ったりします。

現行はその辺ですぐ買えます。サイズも豊富、それがいいです。

CANVAS


LEATHER

コンバースジャパンでも「addict」ってこだわりのビンテージラインもあるし

買う気になればamazon USAで本場のちょっといい革のものも買えますし

ちなみにCONVERSEシューズの輸入は2011年8月から
東京税関において輸入差止申立てが受理され 日本国内の商標権者による許諾を得ていない、

海外のCONVERSE商品の輸入に関しましても、日本国内の商標権を侵害することになります。

これはCONVERSEブランドの維持・発展のために、必要な措置らしいのですが

一時、USA製という表記することに関しても商標権侵害ということで

禁止された経緯も某大手通販サイトでありました。

法律と権力には、敵いませんが愛好家にとってはこちらこそ大侵害です。

でも、そんなのも含めなおさら、

私は断固としてUSA製でないとだめなんです。

ディテール、フォルム、素材感、履き心地含め、多々違いはありますが

せっかくなので作っちゃいました。

まぁ、適当ですが





※暇ではないんですがどうしても・・。

まぁ細かな「違い」を言い出すとキリがなく、

ただのあら捜しになる恐れもあるので

うんちく抜きに、一番の理由は、

「なぜかテンションが上がる。」

正直これに付きます。

なんでそうなったかって、たぶんその年代にそのものをリアルタイムで履いて

良さを知ってしまったら、もう駄目なんです。

思い起こせば2001年終わり頃USA生産が終わるって聞いて

当時働いていた町田周辺の靴屋さんでは入れ替え処分でコンバース3000円

今更ながら当時もっと買っておけばよかったのですが

他のお店でもいろいろ探して買いましたが

その時、白と黒のジャックパーセルレザーを1足ずつマイサイズ買って、

キャンバスの黒があったので白レザーは愛用

黒レザーはカートコバーンの印象(ほんとはレザーではなくキャンバスの方ですが)

強くて勿体ないのでずっと保管していましたが

しかし、7年前お店始めてお客さんも少ないころ、見栄はって

大事なコレクションはほぼかなりの特価で売ってしましました。


履いていただければ嬉しいのですが

まぁそこまで値上がりするとも思っていませんでしたし


※当時2006年10月の写真です。

でも案の定、その後はすごい後悔してました。

だから今でもなんか特別愛着あるんです。

古着、ビンテージ全般、一点ものはすべてそうですが無くなっても

同じものが出てくる保障がないんです。

「無くして分かる有難味」

モノってただの靴なんですが、こういうなんてことないストーリーって

意外に自分だけにしかないのかなと

うちのお店でもこういう良かったころのものの良さが伝わればいいなと考えているわけです。




そんな思いもあり当店はすべてではございませんが

状況に応じてクリーニングもしくは、丸洗いしております。

まぁコンバースは汚れれば気軽に洗えますし

この2日、二人で結構な数洗いました。

N社のエアソールみたいに加水分解したり

割れたりしませんから

履き方、ソールの減りと

ラバーの割れさえ気を付ければ

結構長く履けるはずです。


ちなみの私のその白レザーはお見せできるようなコンディションでもなく

結構ぼろく12年目です。頑張ってくれてます。



当時はスポルディング(Spalding)社から販売され、

その後、タイヤメーカーとして世界初の空気入り自動車用タイヤを開発した

BFグッドリッチ(B.F. Goodrich)社に販売が移行、



そして1972年にコンバースとBFグッドリッチの靴部門が統合したことにより、
コンバースブランドに。





かかとの八の字から「青ヒゲ」と呼ばれ、そしてつま先の「スマイル」のデザイン。



元々はジャックパーセルのアイコンと言えば


ジェームスディーン




マックィーンでしたが



正直、彼の影響は大きいです。

もっとも身近なロックスター



やっぱりジーンズにジャックパーセル。

リーバイスの501もそうですが長い歴史があり

65年近くアメリカで作られてたんだからその方が良いに決まってる。

そりゃビンテージや古着に会うはずですね。

お爺さんになっても履きたいので

やっぱり何足かは仕舞っておこうと思います。

今回は少し熱が入り長くなってしまいましたが

コンバースはジャックパーセルなど数足ですがUSA製こちらで販売してます。

軟な靴よりまだまだガンガン履けますので試してみて下さい。
 

まだ掲載前の商品もございますのでお問い合わせもしくは店頭でよろしくお願い致します。

このほかにも冬物のアウターなど毎日、ネットショップに掲載、更新しておりますのでご覧ください。


当店ではコンバーススニーカー、ミリタリーアイテム、レザージャケット、

デニムジャケット、カバーオール、ジーンズ、ライダース、ビンテージ、

レプリカ、アメカジブランドウエア、ビンテージ小物、雑貨など

年中強化買い取り中ですので査定についてお気軽にご相談ください。

USA製のコンバースは特に高価買取してますので

履いていない仕舞ったままのものございましたら

是非ご相談ください。まだまだ欲しい方がいらっしゃいますので是非。




お得な情報もございます。フェイスブックページもどうぞよろしくお願いします!


No comments:

Post a Comment