27.3.15

GHOSTDANCE

元町店で取り扱っている

「GHOSTDANCE」

CHORO店長の紹介で

アトリエにお邪魔させていただきました。

そこは話に聞いていた通り

インディアンジュエリー好きなら間違いなくテンションの上がる素敵な場所







ここまでの技術で彫金から革細工まで自身でされている方は

なかなかいらっしゃらないと思います。

作品のクォリィティの高さと

アメリカンジュエリー、レザーへの造詣の深さに圧巻されましたが

お会いしてお話した職人さんである寺元さんの物腰の柔らかさの中にある

制作に対する強い信念を感じました。

丁寧な作品からは人間味溢れるハンドメイドならではの風合いがにじみ出ています。

というわけで

川崎でも取り扱いをはじめさせて頂けることになりました。

そのなかからブランドの代名詞的な作品でもある

横型の2つ折りの財布をご紹介します。





こちらのコンチョは数あるデザインサンプルの中から

イーグルと弓のスタンピングが気に入り

選ばせて頂きました。

当店のコンチョはすべてこのタイプで

もちろんシルバーコンチョでハンドメイドです。

しかも鏨までご自身で作られるそうです。


編み込みのストラップにホワイトハーツ+シルバー+ターコイズのビーズが付きます。



財布のひもを締めるとは正にこのことでしょう
嫌でも出ていくお金を

大切になるべく使うべき時に使っていけるといいなという

弱い意志で自分自身にも言い聞かせました(笑)


サイドは綺麗にコバ磨きされ、革ひもがシングルで編み込まれております。



油分を多く含んだベジタブルタンニングのイタリアンレザーなので

刻印を入れた時にオイルが染み出てくるらしいです。



マチ付の小銭入れ


内側もお札を取り出しやすいように革張りです。


そしてこちらが使い込んだサンプル品です。
 

オイルを入れなくても元々の油分と手の油だけで

使っていくうちにつやが出てきます。

ブラウンはより深い色味に変色していきます。

そしてメンテナンスももちろん

簡単に壊れるようなことはないですが

紐やステッチの修理なども可能ですので

より長く安心してお使いいただけます。

というわけでこれを機に

気にいってここ10年使ってきた私の財布も代替わりです。



5年前に同じものを使っていたCHORO店長に譲ってもらった2代目で

使いやすかったのでかなり愛着があり

少し後ろめたい気持ちでいっぱいなのですが、

ありがとうお疲れ様でしたと言いたいです。

もちろんまだまだこちらも使いますが



イギリスのホワイトハウスコックスのセカンドライン

SETTLER/セトラーのものです。



使用している革が違うだけなのか

当時は値段はホワイトハウスの半値位

こちらもベジタブルタンニングで使っていると深みのあるこげ茶になり

光沢が出てきます。

皮も柔らかく、収納量も多く重宝しました。

ちなみに購入したのはいつも大変お世話になっている


現在もラインナップに入っておりますので是非お勧めします。

私は毎日バイクに乗るので財布はずっと右ポケット

仕事中座っている間は出しますが

夏の暑いときも汗が染みる時もあります。

バッグやベルトもそうですが

財布も毎日持ち歩くものなので

なるべく丈夫で使いやすく

長く使えるものがいいですね。

風水上は1年とか3年とか毎に買い替えるとか

縁起を担いで「張る」と「春」をかけて

春サイフといって買い替えを促したりしますが

そもそもそんな軟なサイフ必要ないでしょと

個人的に強く思います。

三つ折りでカード収納の多いモデルもありますが

その分なるべく本当に必要なものだけ持ち歩こうかと
実際に使用してみた感想やエイジングも楽しみなので

今後も紹介したいと思います。

実物を観たい方は是非店頭で見てください。

但しこちらは基本的に受注生産ですので

お買いになられる品物以外にはなるべく

品質管理上お手に取れないようにしていますので

私のサンプルをご覧いただきますのでご了承ください。

価格は22800円+TAXです。






No comments:

Post a Comment