13.12.15

かっこ“いい”の定義


今年もわずか2週間ちょっと

年の瀬に向け何かと慌ただしい毎日ですが

久々の友人や親戚に会う機会も多くなると思うので

おススメのかっこ“いいアウター”

いくつかご紹介します。

かっこいいとかいいものの定義は非常に曖昧で

価値だったり、流行だったり、価格だけだったり

色々ありますが

私的にはいつ来ても古さがなく

50年以上デザインが変わってないとかって

すごいことだと思います

それが時代を超えて愛されるよか

モノ持ちのよさに繋がるのではないかと思います。

FILSON

PENDLETON

NORTHFACE

WOOLRICH

CANADAGOOSE←カナダ

アメリカの衣料品の強みは

モノづくりの歴史といまだにそのブランドが求められ

現存しているという点です。








こっちもリバーシブル






旧タグのコンスタブルパーカ

アラスカでも着れるやつなので当然めちゃ暖かいです





MA-1と同じ素材の防寒用のライナー
裏地がウールなので暖かいです。
ライナー用なので袖が短めです。

50’s USAF  L4889 LINER JACKET US-S



70年代のアメリカ製 茶タグのノース

希少なフューシャーのUS-S



中に着るなら

ビンテージモヘアニット



VINTAGE MOHAIR ARGYLE KNIT CARDIGAN US-L(M相当)



VINTAGE MOHAIR  KNIT CARDIGAN US-S(S~M相当)



バブアーのバッグとハット



ディスプレイにも絵になります。


そのほかもアウター入荷しております。

まだリンクがないものは

随時UPしていきますので

もうしばらくお待ちください。

売り切れている場合もございますので

詳細など気になる方は電話かメールにてお問い合わせください。


No comments:

Post a Comment