11.8.16

Indigo Dye






サンプル作りに南の島で藍染めしてきました。


島では自然や伝統文化が守られ

ゆっくりとした時間の流れています。

自然界にある藍から抽出された染料を使った

伝統的な染色方法

生地を傷め、海を汚す科学染料は最小限

当然肌にもやさしい

水洗いした生地を

大きな甕に入った染料をくぐらせるとすぐに緑色になり

絞った後空気に触れると酸化し藍色に変化していきます

手染め、手絞り、水洗いを

4~5回繰り返すと

徐々にムラのない何とも言えぬ深い藍色になります。

当然、時間も労力も半端ない作業です。

特に洗いをかけたものや古着はより深い色へと変化し

染め直すことで蘇ります。

藍は元々、防虫防臭効果があり

生地を染料がコーティングして生地を強くもしてくれます。

染色後の定着剤や薬品も使わないので

日焼けや色落ちは避けれませんが

それがまた奥ゆかしさだったりします。

食事も服もいいものを必要なだけ

少し頂くのが贅沢だったりするものです。

ようやくお盆に突入ということですが

当店が7月~8月頭まで

何かとお店のお休みが多く皆様にはご迷惑をお掛けし申し訳ございません

英気を養い年末に向けて張り切って営業してまいりますので

何卒よろしくお願いいたします。

No comments:

Post a Comment