10.11.17

USA製 Pコート、アウターなどご紹介します。


今日は商品の撮影に合わせて着用画像を撮りましたので

ピーコート(Pコート)中心にアウターのご紹介です。

元々ジャケットやスーツの上から着れるオーバーコートなので

割と幅がありゆったり目にできているためアメリカンブランドのコートは

正直サイズ選びに気を使うアイテムです。

US-38の通常ならメンズM~Lくらいのはずが日本のL~XLに近いサイズ感だったり

最近の日本別注のモノに慣れているとショットや

バブアーも38でもかなり細身でタイトだったりするので・・

特に試着すると感じるかもしれません。

ただ逆に同世代以上の方だとこの形をお探しの方も多いので

流行り廃りなく着るならともいえます。


まずは最もスタンダードな定番のショットのウールメルトンのピーコート

大きな錨ボタンが特徴的なのは元々海軍の甲板作業用の防寒着のため、

風向きで前合わせを変えられるようにという理由からと

ボタンの欠損にも対応できると言った理由があります。

そのため男女ともに着用できるのも有難いです。

US-36インチでM~Lサイズくらいのサイズ感です。

中もキルティングで厚みの割には軽く、形もスッキリしているので合わせやすく万能です。

カラーリングもNAVYとはいっても海軍のと同じように濃紺でほぼ黒に見なので合わせやすいです。

  USA製 【Schott】ショット Pコート ピーコート アウター◆size:US-36 【USED】



続いてUS NAVYの軍モノの本物のPコート

ビンテージではないですが1990年代のもので

ボストンのスターリングウエアオブボストン社


軍への納入実績があることもありメルトンもずっしり厚みがあって

ショットに比べると重いです。


US-38でややゆったりしておりL~くらいのサイズ感です。

スーツの上にも着れます。



こちらはアメリカのボーイズサイズの大きめのサイズ

1960年代頃のビンテージもの



ショート丈で幅もタイトなので小柄な男性や女性にもお勧めです。

裏もサテン地になっています。

60's Vintage 【Monterey Club】アメリカ製 ビンテージ ピーコート Pコート ウール メンズ アウター◆size:US-BOYS18(メンズM)【USED】




こちらはアメリカ古着ではよく見かける「AMERICAN JAC」

1990年代頃のアメリカ製のアイテム。



カジュアルで値段も手ごろですがしっかりとしたメルトンに裏にキルティングが入っています。

US-Lなので幅がかなりゆったりとしています。

 
AMERICAN JAC USA製 ウール メルトン ピーコート Pコート メンズ アウター 灰 US-L【USED】



こちらは少し変わり種でナイロン素材のピーコート


服好きの間では言わずと知れたエンジニアードガーメンツ


90年代にアメリカで設立され

アメリカンブランドよりアメリカらしいと海外でも称されている

渋谷のセレクトショップネペンテスのアメリカ支部のオリジナルブランドです。

ビンテージフリークやアパレル関係者の間でも人気があります。



アメリカンな体系のデザイナーである鈴木大器さんの体型に合わせて

Mサイズをベースにして毎年パターンを起こしているようなのでサイズは大きめです。




ミリタリーウエアで使われていた不燃性のノーメックスナイロンのような光沢がある

黒のナイロン素材でピーコートの外観でも内側は機能的にボタンではなくマジックテープ。

取り外しできるライナー付なので春先も着れます。

こちらもエンジニアドガーメンツつながりで

ツイードのテーラードジャケット


上品なチャコールのウールツイード

デニムやコーデュロイなどとカジュアルに着こなすにもお勧めです。

Lサイズですけどそれほど大きくはないです。




こちらはイギリスのバブアーのオイルドジャケット

ビデイルは最も定番のロングセラーモデル


もともと漁師やアウトドアでの過酷な環境条件に適応するために生み出された

オイルを含ませた丈夫なコットンクロスは由緒と歴史ある防水素材。

オイルが抜けて防水性がなくなってきたら塗り直し(リプルーフ)もできるのですが

ベタつきや匂いが強いため、気を遣う方も多いこともあり

適度にオイルも抜けてきたUSED品お探しの方にも是非お勧めです。



取り外せるアクリルボアのライナー付でコンディションも良好です。

UK-40なのでややゆったり目です。

【Barbour Bedale】 英国製 バブアー オリジナル ビデイル オイルドジャケット ライナー付 ジャケット コート アウター 黒 40【USED】


こちらはステンカラーのビンテージコート

外套と呼ぶのにふさわしいオーバーコートです。

太めのパンツが流行しているのもありロングコートや

ややゆったり目のシルエットお探しの方も多いです。




真っ黒に見えますがグレンチェックを後染めしたような細かなチェックが入っています。

  60’s Vintage 【PENNYS / TOWN CRAFT】 ビンテージ ペニーズ タウンクラフト ステンカラーコート ロングコート 黒◆Size:US-M



最後は、もちろん・・・




これも一応コート

イージーライダーでデニスホッパーの着てるブラウンじゃないですがスエードフリンジジャケット


90年代のアメリカ製のショット厚みがあります。

ブラックも渋いですね。

久しぶりになぜか見てると罪悪感を感じてしまうアウトロー映画がまた見たくなりました。


90’s USA製 【Schott】ショット フリンジ スエードレザー ジャケット コート 黒◆size:US-42【USED】




そろそろ本格的に寒くなって来そうなこともありアウター各種ご用意してますので

是非こちらもご覧ください。






No comments:

Post a Comment