27.3.18

90’s Soundgarden grunge rock tee

さて今日もしつこく90’s グランジロックTシャツ。

最近必死に探しているSOUNDGARDENもの2点ご紹介します。

個人的にもファンなのでコレクションにしておきたいアイテムですが・・・。

1枚目は1994年のアルバム 「Superunknown」に収録されていた

名曲 「BLACK HOLE SUN」のプロモのフォトTシャツ


 


 

 





もう一枚は「Badmotorfinger」の頃の1992年製、袖に「SG」ロゴのロンT








 タグ欠損していますがプリントにコピーライト入り「BROCKUM」製です。

 







ちょうど1991年Badmotorfingerがリリースされた後の

オランダのロックフェスPinkpop Festival 1992に出演したときのキレキレな映像

ちなみにクリスコーネルが着ている「90」と書かれているTシャツは

40歳前後の方には懐かしいロゴかと思いますが

80年代のレジェンドスケーターであるアリゾナ出身のKevin Stabbが手掛けていた

「90Clothing」

ちょうど90年代のリバイバルブームで再注目されているストリートブランド

ちょっと気になるので古着で探したいですね。

アイテムの詳細はこちらからご確認ください。

店頭でも隠していますので見たい方はお声をおかけください。








23.3.18

40's Vintage【LEVI'S】ビンテージ リーバイス 506XX 1st デニムジャケット Gジャン

 LEVIS リーバイスの506XX デニムジャケット通称1st(ファースト)になります。

ビンテージデニムジャケットの王様とも言われる片ポケットのデザイン

1920年代~1953年頃まで生産されていた貴重なモデル


 
リーバイスの製品に1936年~つけられたレッドタブは初期の片面タブ




リベット刻印滑り止め付の2本針のシンチバック





「LS&CO」の「O」は大文字です。



第二次世界大戦前の1936~41年頃のモデルです。



パッチはございませんがUS-40インチ相当です。

詳細はこちらからご覧ください。



22.3.18

90’s Nirvana Never Mind ″Come as you are” T-Shirts
ニルヴァーナ カートコバーン ビンテージ Tシャツ

前回に続いてしつこくw

NIRVANAのオリジナル Tシャツ

モンスターアルバムのNever Mind収録の2ndシングル ″Come as you are”

こちらのグラフィックが立体に浮かんで見える

これまたカートが大好きな″Seahorse”

タツノオトシゴの骨のデザイン




©1992 NIRVANA UNDER LICENCE TO GIANT



タグ欠損していますが間違いなく当時のGIANT

欧米ではかなりの確率でタグは邪魔なので切りますw

こちらもTravis Scotが着てるやつと同じらくしく

グッとレアになってしまいましたがグラフィックも最高です。





久しぶり見たら懐かしく斬新なプロモ

当時はSmells Like ~の次に良くMVで流れていました。


こちらは死後1995年に発売された「END OF THE MUSIC」の追悼ライセンスもの



1993年11月18日のNY Unplugedのフォト



ボディはもちろん USA製 Giant







背中には ' in utero ’ に収録された ' dumn ' の詩の一節が書かれています。

太陽は沈んでしまったが光はある


空虚感に苛まれ言葉を紡ぎ合わせ残された歌詞

すべての言葉に意味なんてないと言い切りながらもやはり響きます。




この状態で一体いくらするんだろうと思いながらも

「CHAPEL OF GOD」ネームで発売されていたものと同じデザインです。





どちらもコンディションは申し分ありません

商品詳細はこちらからご覧ください↓

Nirvana Vintage Rock T-shirts


19.3.18

90’s Nirvana 'in utero' 'Seahorse' 'all apologies' T-Shirts
ニルヴァーナ カートコバーン ビンテージ タツノオトシゴ Tシャツ

年頭にご紹介したNirvana筆頭にした90’s Grunge Rock Tee

一部で絶大な支持を得たため第二弾入荷しました。

とは言っても、今まであったあのTシャツたちは何処へといった感じで

ここ数年なかなか見当たりませんので集めるのは結構大変・・・

なぜだろう?急に人気が出てしまった?

それは2015年頃から世界のファッションアイコンが愛用するアメリカのブランド
「Fear of God」のクリエイティブデザイナーJerry Lorenzo(ジェリーロレンゾ)が
ヴィンテージのロックTシャツを愛しており、あえて色褪せやダメージのあるロックTをファッション的価値あるものとしてあらためて世に広めました。
というより広めてしまったせいだ。



着こなしは流石,写真はダメージデニムにレイヤードスタイル、カートの追悼時のフォトTee。所有するヴィンテージTシャツに自身のブランド名をプリントし、友人であるセレブや大物アーティストへ配布しましたが、それもTravis Scot (トラビススコット)やKenye West (カニエ ウエスト) Justine Biever (ジャスティンビーバー)などアメリカのヒップホップ界を代表するアーティストでファッションアイコンなだけに、ジャンルの枠を超えて世界中で絶大なムーブメントになってしまったということ






















さらにちょうど今年2018年は、

カートコバーン生誕50年!

ニルヴァーナ結成30周年というアニバーサリーイヤーで、

日本でもNIRVANAのバンドTシャツだけをフューチャーした

写真集を作るクラウドファンディングが成功し「 HELLOH? 」が発売されるなど・・

この本もまだ見ていないので是非欲しいですがその辺の事情も踏まえて・・

90’sヴィンテージのNIRVANAロックTシャツ。

前回も力説しましたがオフィシャルであることは勿論のこと

1993年までの生前に発売されたというところが味噌です。

なぜかというのはこの後、説明するとして

そんな中、入荷したのはこちらです。



【Nirvana】ニルヴァーナ 「Seahorse」のTシャツです。

ニルヴァーナ、カートコバーンの遺作となった1993年のスタジオアルバム 

「IN UTERO」収録曲である「all apologies」のシングル盤のジャケットに描かれていた

「Seahorse」~タツノオトシゴがデザインされた当時のオフィシャル品。



もちろんオリジナルボディなので生地も厚みがあってしっかりとしており

グラフィックや大きな製版も含め当時のプロダクツならではの良さが出ています。

 


勿論コピーライト入りで「GIANT」「BROCKUM」「1993年」と記されております。

 

幼少期から音楽や絵画に興味を持って才能を開花させていったカートは

アートディレクションだけでなく自信で書いたイラストや作品も多く残しており

「タツノオトシゴ」も度々イラストで残されています。

なぜかは不明ですがその独特の形やオスが子供をお腹で育てるという

珍しい生態に興味を持っていたようです。























そういえばタツノオトシゴ柄のビンテージのシャツも着ていましたよね。




死後発見された日記のノートにはNIRVANA結成後からの詞、イラストや

様々な成功プランも書かれていたようです。

生きていれば50歳

きっと素晴らしい楽曲をさらに残していてくれたことでしょう

 


生前はアルバムのジャケットやTシャツに関しても発案やアートディレクションも手掛けていました。是非このTシャツを今の流行から入ったとしても、これを機にアーチストや音楽にも興味を持って頂きたいですし、ニルヴァーナやメタリカは聞いたことないけどTシャツ着てるってのはインスタ映えじゃないですが寂しすぎるので好きになるきっかけになってくれたら幸いです。


巷では、かなり際どいコンディションでも高額で扱っているようですが、個人的には古着屋生命にかけてモノの寿命にかかわりますので長く着ていただきたいのでボディは絶対オフィシャルもので状態重視派です。
コンディション、サイズとも厳選しておりますのでお探しの方はお早めにお買い求めください。